作物の生育についてお悩みの方はこちらをご覧ください
 

 発芽が悪い、揃わない
・播種のタイミングがずれている
・肥料が過剰
・平年より気温が高い、または低い、発芽条件不十分
・鎮圧不足または過剰
・散水不足または過剰
・種屋さんで、種の特徴と播種方法を確認し、発芽環境を整えます。
植物の生理を予察する暦を使って播種・定植のタイミングを計画します
・播種後の散水の際にMCを300倍に薄めて混ぜます

 

 すぐに枯れたり、ヒョロヒョロになってしまう
・肥料バランスが作物に適していない
・日当たりが不十分
・散水量が合っていない
・土壌分析をして肥料バランスを確認し整え、生育条件を整備します。
・栽培期間中、適切な肥料を与えます。
複合土壌診断を行い、施肥設計に沿って適正に肥料を与えます
・播種後の散水の際にMCを300倍に薄めて混ぜ、散布します。

 

 茎が大きすぎる
・チッソ過剰が原因です。チッソ過剰だと苗は茎が太くなり、芯止まりがおきやすくなります。
・土を分析し、適切な肥料設計で土つくりをします
・芯止まりを防ぐためには、毎週1回 KBを使用し続けます。
・潅水時にミオッキーを加えます。

 

 茎が細い、葉が小さい
・果実が肥大し始めると、負担が重く、葉茎根から養分が移動し茎が細くなる。
・肥料不足の場合は特に茎が細く、葉が小さくなり生育不足が生じる。
・果実肥大に合わせて肥料濃度を濃くしていきます。その際、根やけしないように注意します。
・果実肥大と濃度を考えて肥料バランスを整えます。水と肥料バランスを濃くしていきます。
植物の生理を予察する暦を参考にMCを使用し追肥にハナックルを潅水します。

 

 根が少ない、葉が大きい
・チッソが過剰に吸収されているため、根の伸びが悪く、茎摂関が長く、葉が大きくなる。
・土を分析し、肥料バランス整える。そして成分N8、P12、K15の資材を選んで追肥します
ポーマンを潅水時に、ミオッキーを追肥、KBを散布します。3種類使用することでより良い結果に
 つながります。

 

 生育が遅い
・初期生長(15日)が遅いのは作物が順調に生育している証拠。茎が伸びず、地下根が伸びている
 状態です。
・茎が太く間接が短く全体が小作りになると、そのほうが後々良い花が出来て、病気に強い作物に
 なります。
・土が硬く根が伸びない状態です。対策をしないとその後枯れてしまいます。
・成分N8、P12、K15の資材を選んで追肥をする。葉面散布をして根を生長させる。
・土が硬い場合は堆肥を与え、土をほぐして植えなおす。
ポーマンを与え、植物の生理を予察する暦を参考にMCを使用し、追肥にハナックルを潅水する

 

 花が流れて着花しない、花が少ない
・植物に栄養が集まり樹が強い場合と日照不足で弱っている場合がある。
・植物が果実の過剰負担で弱くなっている。
・肥料不足が考えられる。
・植物の果実を収穫し負担を軽くする。
・肥料成分がリン酸カリ主体の追肥と葉面散布で樹勢を回復させる。
・果実を摘果し負担を軽くします。その後、追肥としてハナックルを与えて強化します。
・追肥にハナックルで体力を回復させ花芽をつくります。

 

 花が咲かない
・前作の疲れが回復してない、弱っている。
・樹勢がチッソ過多で強すぎる場合。その結果、花が咲かなかったり飛んだりする。
・花を咲かせる資材を選び、花芽分化前から葉面散布と追肥します
・チッソを転流させる資材を選び、花が付くまで継続使用します
・追肥としてハナックルを使い、体力を回復させ花芽をつくり、MCを連続使用して花芽形成を
 強化します。
・樹勢を抑えるKB・ポーマンLを継続して与えます。

 

 実に奇形やキズがあり、太りが悪く、収量が少ない
・収穫後の施肥タイミングと肥料成分や量が間違っている
・開花前の肥大期に管理が間違っている
・カビ・害虫の被害にあっている
・剪定の時期と方法、開花前に良い花をつける対策が行われていない
・収穫後に資材を選んで施肥をします。
・開花前、開花後、着果後のカビ、害虫の防止を行います。
・専門書と植物の生理を予察する暦で管理スケジュールを立てます。
・開花前にハナックルを散水します。
MCを使用します

 

 果実の香りが薄く、甘くならない
・肥料成分が適していない状態です。果実を作るための成分と樹を大きくするための成分は
 異なります。
・果実を作る追肥資材を選び、果実の肥大期に使用する。
・果樹の状態を知る。場合によっては専門家の指導を仰ぐ。
複合土壌診断を行い、果実を作るための肥料設計を行い実行します。
・追肥としてミオッキーを使用します。
・果実の肥大時〜収穫までKBを定期的に使用します

 

 なり疲れする
・果実が肥大する時期の肥料不足又は濃度不足が考えられる
・肥大する肥料を充分に与える。水と肥料の量と濃度バランスや与えるタイミングが重要。
・当社の複合土壌診断結果に基づき、施肥設計を行い作物に合った土を作ります。
 その後、植物の生理を予察する暦を参考に補助資材を調整して使うと、なり疲れしません。
 きれいでおいしい作物が出来ます。

 

 害虫被害に遭う
・植物が疲れている状態、肥料過剰か不足の状態、環境が悪い状態です。
・チッソ肥料が消費されておらず、葉に残っています。
(チッソ過剰は害虫にとって好ましい状態なので、植物に虫がくる原因になります。)
・土壌中の肥料がアンバランスな状態でチッソ肥料だけが優先して吸われています。
・チッソ成分の少ない資材を選び、追肥して植物の体力を強化する。
・こまめに害虫駆除を行う。被害発生前から害虫の侵入を防ぐ。
・土の分析で土壌診断を行い、土壌中の肥料バランスを適正にする。
・当社に相談頂くと、植物の生理を予察する暦の使い方と防除対策を丁寧に説明します。
 植物の生理を予察する暦で栽培初期から確実に実行すると、被害は避けることが出来ます。
 更に、複合土壌診断で土を作ってから栽培を始めれば、効果は確実です。

 

 カビが出る
・カビは植物が元気であれば発生しません。何らかの理由で元気が無い状態になったと言えます。
・高温乾燥の場合、低温高湿度の場合にバランスを崩し発生しやすくなります。
・施設の温度と水や肥料濃度の管理を確認し、細かく徹底する。
・適切な肥料を選び、追肥と散布を行い作物を元気にする。
・当社に相談頂くと、植物の生理を予察する暦の使い方と防除対策を丁寧に説明します。
 植物の生理を予察する暦で栽培初期から確実に実行すると、被害は避けることが出来ます。
 更に、複合土壌診断で土を作ってから栽培を始めれば、効果は確実です。
 クレジット決済
当ショップでご利用いただけるクレジットカードは下記の通りです。
JCB、VISA、MASTERCARD、DC、UC、三井住友クレジット、UFJ、ダイナースクラブカード、クレディセゾン、NICOS、イオンクレジット、MUFG、アメリカンエキスプレス、TOP&カード
 銀行振込
振込手数料は、お客様負担にてお願い致します。
ご注文後、1週間以内(ご注文日を含む)にご入金をお願いします。
当店でご入金を確認後、ただちに商品を発送いたします。
 商品代引
商品合計が5,000円以上お買い物のお客様の代引き手数料はこちらで負担させていただきます。
商品合計が5,000円未満の場合は代引き手数料300円(外税)がかかります。

お支払いについて詳しくはこちら

 宅配便
お買い上げ金額5,000円以上のお客様は、送料無料にてお届けします。
お買い上げ金額5,000円未満のお客様は送料として1,000円(外税)を頂きます。

但し、お買い上げ時の商品詳細画面に送料無料と表示のある商品は送料無料にてお届けいたします。

※発送場所が北海道及び沖縄県の場合はお買い上げ金額にかかわらず、送料として1品につき1,980円(外税)を頂きます。

(注 1)一部商品の送料無料適用外
一部商品では、たとえお買い上げ合計金額が5,000円以上であっても、商品固有の送料を頂きます。
送料については、お買い上げ時に商品詳細画面をご確認ください。

商品検索
会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

森田 英勤
初めまして、私は農業資材通販の轟 有限会社オンラインショップの店長でございます。これからもお客様に愛されるショップを目指したいと思います。
お問い合わせ    プライバシーポリシー    お支払方法    配送方法・送料について    特定商取引法に基づく表記
Copyright(c)2016 轟 有限会社.All Rights Reserved.